Home 倦怠期 • 倦怠期と向き合って

倦怠期と向き合って

 - 

どれだけ仲の良い両者だとしても、倦怠期を迎えて仕舞う事があります。
付き合い始めた頃では考えられないような状態が貫くこともありますので、
倦怠期は賢く乗り越えなくてはなりません。

倦怠期を上手く制することが出来なければ、
そこからは離別につながってしまう事もありますので、
二度と放置して素晴らしい問題ではないのです。

倦怠期には自然とお話が減ってしまう。
ただしこういうお話を弾ませることが出来るかどうかによっても、
倦怠期を乗り越えることが出来るかが決まって生じるようになります。

お話が途切れる理由としては、標的が発言に興味を持っていない可能性があります。
自分が興味のない話をされたとしても面白くはありませんが、
興味のある発言であれば、進んで話をしていきたいというようになるはずです。
標的が興味を持っていることを話題にすることによって、
自然と発言は弾み易く繋がる。

お話が弾まないのを標的の力不足ばかりにしているようではいけません。
自分なりに努力をして相手に歩み寄るようにしていかなければ、
標的との差異は広がって出向く先方ですので、
交流を続けていきたいのであれば、
どうして乗り越えていくのかを考えて行動するようにしましょう。

Author:admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

*

*